我が町八代  平成5年12月上演

作・演出 城隆弘/音楽 庄野俊治

記念すべき第一回公演でした。
いろいろな組織の方々にもバックアップして
いただいて、大きな規模で上演することが出
来ました。しかしこのときはこの活動が、こ
んなに続くことになるとは思ってもいません
でした。



この老人は河童の総大将"九千坊"の化身。
古くから八代を見守っていましたが…




通りかかった小学生の脳天気な態度に怒ります。




子供たちに迫っている危機について話すのですが
ぜんぜん相手にされません…




しょうが無いので、不思議な力を使って、八代に
迫っている危機を伝えようとします。




そのために、まず八代の成り立ちを教えるのです。




さまざまな出来事から、今自分たちがやるべきこと
に気づいた子供たちは立ち上がるのでした…




劇団のテーマ曲『夢・希望・未来』の初披露でした。




この頃はまだオケピットを使用していませんでした。