しょう   らい        うた
松籟の歌

平成16年10月31日上演
八代市厚生会館

作・演出 城隆弘/音楽 庄野俊治

本格的な時代劇を含んだお芝居でした。
カツラが大変でした
二時間を超える大作でした。






1619年春、八代の娘おきみは、麦島城でお小姓として
勤める次郎作に恋をしていました。




二人は人目を忍んで逢うようになります。




発掘現場には多数のボランティアが働いています。




麦島城発掘現場に訪れた小学生たち。
どこでも自分たちの遊び場にしてしまう。



子供達は発掘で出てきたものに夢を感じて歌い踊ります。
何百年も時を隔てた思い出のかけら♪
地面を掘ればだれでも夢に出会えるのさ〜
 ↑クリックでmovie


突然地震が起き、くずれた発掘現場から、大変なもの
が出てくる。石垣の間に残っていた400年前の古文
書であった。発掘現場は大騒ぎになる。



発掘現場で見つかった古文書をめぐって、地元では
観光化に拍車がかかる。



【400年前の麦島城】
1619年、春麦島城倒壊前夜。
町娘「おきみ」は密かな恋心をしっとりと歌い上げる。



陽気な足軽、いつも酔っぱらっている。





加藤正方は、数え歌にも歌われた。





『むっつり殿様』と陰口をたたかれて、歌にもなった。




人生なんてきっかけ次第
どうにかなるものさ…







でも先の事はどうなるかわからない。だからこそ人生は
おもしろいんだ。(↑クリックでmovie『人生はきっかけ』)




発掘推進派と地元住人との間でおもわぬ確執が起きる。
地元民は早く生活道路を通して欲しいのだがなかなか
うまくいかない。『対立の歌』



疾風族が被災地からの略奪を計画している



地震で離ればなれになり、おきみと次郎作はおたがいに
相手が死んだものと思いこんでしまう。



おきみと小夏は、子供達と運命の出会いをする。




生きるエネルギーにあふれた蛇篭港の市場での踊り




次郎作は次第に松江城創建の事業にのめり込んでいく。




松江城再建の為の『石引き歌』




疾風族登場。




無法な疾風族に敢然と対峙するおきみ。




疾風族(阿修羅)の手にかかり小夏は刺されてしまう。




小夏は息絶える。おきみは疾風族に連れ去られる




微妙に揺れる如月の心




やっと巡り会ったおきみと次郎作とのデュエット。




現代と過去がオーバーラップする中、みんなで
『松籟がくれた勇気』を歌う。

フィナーレ