千姫と風の小弥太

2006年7月30日(日) 八代市厚生会館大ホール



幕が開くとそこは、泉村にある白鳥山の頂上付近。都忘れの花が咲いている。
千姫は、平家の落人としてこの山でひっそりと隠れ住む毎日。
笛を吹くことが唯一の楽しみ。
今日も寂しさや退屈を紛らすために一人笛を吹いている。
窮屈なお屋敷を抜け出して来たのだった。
源じいと右京に育てられた千姫。
都へ行きたいと訴えるが許してはもらえない。

その様子を見ていた山賊「神無月」と「かじきの三八」が千姫を京の都に連れ去ることを計画する。
だまされているとも知らない千姫は都に行くことを決心する。
それから一ヶ月。

黒子の口上で場面は進行。
京の都は咲く花の香るがごとく盛りなり〜♪
男も女も商人もついでに乞食も集う町!

にぎやかに都音頭が繰り広げられます。
皆が集えばこの世は極楽♪、
寺に神社にお屋敷に…
←クリックすると歌のmovieが見られます。
銭や銭、
おまえたち銭ださんかい!
誰のお陰でここで商いできると思うとるんや!
風の小弥太?
わしの目の黒いうちは、ゆるさんぞ!
山賊に京の都に連れてこられた千姫であったが
危ないところを風の小弥太に偶然助けられる。
このときはまだ誰なのかわからない。
都をふらふらしている内に、怪しげな乞食(おもらい)たちに遭遇する。
彼らは自分たちの哲学でこの京の都をうまく渡っていたのである
皆々様の幸せ祈るだけ〜♪
招福到来、招福到来
ぽく・ぽく・ぽく・ぽく ち〜ん!
乞食と別れた千姫は、ひょんなことから「湊屋」と
いう呉服問屋で仕事をすることになる。
湊屋には同じ年頃の従業員がいて、毎日楽しく
仕事をしていた。
掃除洗濯おさんどん、掃除洗濯おさんどん…
下働きは忙しい、朝から晩まで大にぎわい
花の都のど真ん中
呉服問屋は。呉服問屋は湊屋どすえ〜♪
←クリックすると歌のmovieが見られます。
従業員頭の「おかつ」ににらまれる。
おかつ  「返事は大きく!」
千姫   「へえっ!!」
やっぱ都に出てきてよかったぁ〜

みるもの聞くもの珍しいことばかりだもんね。
ところが、ある日、高札が出される。
山賊の「神無月」が役人に捕まり処刑されたが
その神無月からの情報で、千姫が都に来てい
ることがわかってしまう。
情報を提供したものには報奨金が出されると
いうことである。
泉村に取り残されていた「右京」と「源じい」は、
決死の思いで都へとやってくる。

ところが、高札で千姫が指名手配されていること
を知り大あわて。
高札をみて「おせん」が「千姫」ではないかと疑った
従業員頭の「おかつ」は従業員の私物入れの中か
ら千姫の家宝「静の笛」を奪い取り、役人に通報す
る。…しかし、役人は笛だけ奪い取る。
役人に踏み込まれ、あわやというところで、千姫は
人気のない荒れ寺へと逃げ込む。
するとそこにはあの「小弥太」が隠れ住んでいた。
千姫は話をしている内にすっかり引きつけられる。
千姫     「もしかしたら〜お父様…こんな感じ
        かしら?私を優しく包んでくれるの♪」
小弥太   「子どもなんて気まぐれ自分のことだ
        け…世話の焼けることばかり♪」

二人     「この広い都の片隅で 
         偶然であった二人…
         それぞれの夢と希望を
         心に 心に 秘めた ままで…♪」
都の大通りでは、しっとりとした白拍子の舞いが
舞われています。

人々もうっとり…
右京と源じいは今日も都を探し回りますが、
いっこうに千姫の手がかりが見つかりません。

と、その時…
風の小弥太が、「風のおせん」を引き連れて
貧しいものに銭を配っている場面に出くわします。

気づいた右京と源じいはすぐに追いかけます。
必死で追いかけますが、そこは体力の差…
とうとう逃げられてしまいます。

右京   「よい! 今日は出直しじゃ。」
源じい  「はい、私もこれが限界…!」
役人は千姫を捕まえるために、とうとう人質作戦に
でます。千姫の代わりに殺すというのです。
さて、とうとう対決の時が来ました。
小弥太と千姫は桔梗を助け、静の笛を取り戻す
ためにやってきます。

右京と源じいは気が気ではありません。
ところが、急転直下。
都には戦が起こります。後鳥羽上皇様が蜂起された
のです。
京都の治安が守れなかったせいで役人はクビに
なります(!)めでたしめでたしのはずが…
千姫は小弥太と一緒に白鳥山へ行きたかっ
たのですが…小弥太は都に残り戦いに加わること
を宣言します。
千姫は悲しみます。

千姫   「どうして戦に行くのじゃ〜!」
小弥太  「わしはこのときを待っていたのじゃ!」 
千姫  「大人になるのは…大人になるのは、つらい
     ものじゃのーっ!!」
故郷に向けての旅立ちです。

さあ、帆を上げろっ! 船出だァ〜

エイホ エイホ …♪
都の人々ォ〜達者でねー!
わたしたちは ふるさとを幸せの国にするけんねェ!
おせんちゃんもげんきでねー!

からだに気ィつけやー
みんな元気でねえ〜!
カーテンコールの最後は、湊屋さんの船をバックに記念撮影?…それぞれの未来に乾杯!!
おせんちゃんがいなくなった湊屋は
火が消えたように寂しくなる。

おせんちゃんにもう一度会いたい

Come back Osen! …♪
←クリックすると歌のmovieが見られます。
カーテンコール