「九月は日奈久で山頭火」の協賛として上演。無料公演であった。二回公演し、久々の大入り満員であった。種田山頭火の半生を描いた作品。
【主な曲】「山頭火のテーマ」「天才正一」

「山頭火空に飛ぶ」 誕生編

平成25年9月15日

【オープニング】
登場人物総出で賑やかに歌い踊ります。

『山頭火のテーマ』

『天才正一♪』

正一は、生まれながら頭が良く、村中から将来を嘱望されました。

さて、語り手登場…

正一の学生時代の友人という人物ですが、後々、山頭火に大きな転機をもたらします。

正一は無類の酒好き。

酒好きが高じて、様々なことで失敗してしまいます。

また、このころ荻原井泉水の自由律俳句に傾倒し、自身も『山頭火』と名乗り句作に励みます。

父親にすすめられ、サキと結婚する。

その後、親の会社の倒産で夜逃げ同然で熊本へ…

『雅楽多堂』という雑貨屋を開くが、仕事はサキに任せてしまう。

その後紆余曲折有り、二人は離婚。

正一は山頭火として放浪の俳人となる。

(会場全景)たくさんのお客様に来ていただきました。

思うところあって、山頭火はさらに一人旅を続ける

…自分はなぜここにいるのだろう…

『分け入っても分け入っても青い山』

様々な思いを詰めて旅に出た山頭火…

このあと、旅は八代・日奈久で大きく動く。

 たくさんのご来場ありがとうございました。