万葉集の歌枕「水島」を舞台にした作品。精霊のいたずらに水島の地元の子供たちが巻き込まれる。2時間を超える大作となった。
【主な曲】「恋人達の浜辺」「水島よ永遠に」

水島幻想

平成8年8月上演

作・演出 城隆弘/音楽 庄野俊治

第三回公演でした。

万葉集や枕草子に出てくる「水島」が舞台です。
千数百年も昔、景行天皇が行幸の折の出来事が
現代によみがえります。

水島のすぐ近くに住んでいる子供たち。いつも元気です。
いつも仲間と遊んでいます。今日は女子にちょっかいを出しています。
 
 そこへ、町の小学校から水島を見学にやって来ていた二人の子どもを案内して先生が登場。
 
 話は変わって、「野坂の浦」の場所について芦北か、敷川内かで世間では論争が持ち上がっている。
 
 『野坂の浦音頭』を皆で歌い踊ります。
 
 水島の精霊達が現れます。どうにもたよりがありませんが、不思議な術で人間を惑わせます。
 
 精霊の世界に紛れ込んでしまった奈津代と麻呂は恋に落ちてしまう。
 
 子供たちも、この世界に紛れ込むが、みんなで助け合って乗り切る。
 
 子供たちの純粋な心の中に、この苦境を跳ね返す力があったのだ。
 この作品でもラストソングは『夢・希望・未来』でした。