Monkey’s Paw(猿の手)

原作 W.W.Jacobs 脚本 城隆弘  音楽 本田真弓
【主な曲】「グリーンスリーブス」

平成28年11月20日上演
八代市厚生会館 ホワイエ公演
八代市厚生会館ホワイエ

※初めての試みとして八代市厚生会館のホワイエをステージとした実験的な作品でした。


『グリーンスリーブス』で幕を開けます。

ワイト氏の自宅に、かつての知人モリス曹長が尋ねてきました。

 

 

 

 

 

 

 

目の前に提示されたのは、気味の悪い「猿の手」。

 

モリス曹長は、自分の不思議な体験談を語ります。猿の手には思議な力があって、どんな願いも、三つまでかなえてくれるというのです。

モリス曹長は「猿の手」をホワイト氏に託して帰ります。

息子のハーバートは次の日仕事に出かけます。

猿の手に願いを掛けたものの、なかなか信用できない夫妻。


そのくせ、突然やって来た郵便屋にも心を躍らせます。
 

ただの請求書だとわかって大笑い。


しばらくしてやって来た息子の会社からの使者。

なんと息子の訃報を知らせに来たのです。

会社からの保証金は「猿の手」に願ったとおりの金額でした。愕然となる夫妻。

傷心の夫妻…でしたが、妻は恐ろしいことを思いつきます。

「猿の手」で息子を生きかえらせてほしいというのです。妻の剣幕に押し切られて禁断の願いを掛けるホワイト氏。そこへ、恐ろしいノック音。

ドアが開く前に願いを取り下げるホワイト氏。

必死でドアを開ける夫人。しかしそこにはもう、誰もいないのでした。

キャストの勢揃いとあいさつ。

主催者(厚生会館)からのごあいさつとご案内。